2008年9月アーカイブ

沖縄本島の南、石垣島から西表島にかけて日本最大の珊瑚礁の海が広がっている。南北15キロ、東西20キロ、ここに珊瑚礁ができたのは7000年以上前と言われている。水深は10〜20メートル。この浅い海は気温が上がるとすぐに水温が上昇してしまう。

珊瑚(サンゴ)を観察することを「コーラルウォッチ」と言う。

2007年の夏、猛暑の中、石垣島周辺の海面温度は異常な上昇を続けた。

7月は平年なら28〜30度。それが、2007年は7月17日に30度に達し、21日は32度になった。気象庁によると、平年の平均を2度上回る日が10日間も続いた。

海の中ではサンゴが真っ白に変わっていった。サンゴの死の前触れ、白化現象。

NHKスペシャルのDVD ↓

NHKスペシャルの書籍 ↓